岡山高校生ボランティア・アワード

高校生による、高校生のためのアワード開催!

第8回 岡山高校生ボランティア・アワード【審査員紹介】

2020年11月23日 10:52 by youi_center

最終審査会で、岡山の高校生の「本気」、見てみませんか?

岡山高校生ボランティア・アワードとは、
高校生の、高校生による、みんなのためのイベント。
だから、企画も運営も発表も、高校生が主役です。

11月28日(土)の最終審査会では、
ボランティア活動に励む高校生らが、行った活動についてオンラインにてプレゼンテーションを行います。
審査員およびご観覧者の皆様による投票で、ボランティア活動に取り組む高校生を表彰します。

――――――――――――――――――――――――
日  時:2020年11月128日(土) 14:00~17:00
実施方法:オンライン(Zoom)
対  象:・高校生のボランティア活動を応援したい方
     ・高校生が行っているボランティア活動に共感し合える方
     ・高校生のボランティア活動に関わっている方 等
――――――――――――――――――――――――

* * * * 審査員のご紹介 * * * *

第8回 岡山高校生ボランティア・アワードの審査員をご紹介します(五十音順)

佐藤 正隆 (さとう まさたか)さん (リタワークス株式会社 代表取締役/ソーシャルアクションカンパニー株式会社 代表取締役)

1980年生まれ、岡山県出身。あらゆるソーシャルビジネス挑戦していくことを志向し、大阪・東京でIT企業を経営。リタワークスは「利他の想いと行動で、世界をより良くする」という理念を掲げ、非営利業界・病院業界に特化したソーシャルビジネスを展開し、コングラントをはじめ多くの顧客にサービスを提供。18年設立のソーシャルアクションカンパニーは「actcoin」を開発。個人の社会貢献を可視化し、幸せと繋がりなどの新しい価値を創出していくプロジェクトとして社会実装に挑戦。

現在:公益社団法人アジア協会アジア友の会 理事

日置 (ひおき みゆき)さん (飛島ガーディアングループ 代表)

高校不登校、引きこもりを経て通信制大学で教育免許を取得。通信制高校卒業生らと2018年飛島ガーディアンプロジェクトを結成。持続可能な地域振興と若者の地域参画を目指す。2019年高校生中心の飛島ガーディアンスプラウトを結成し、両チーム合わせて飛島ガーディアングループとなった。学校の枠を飛び出し、ふるさとを想う若者の芽を育み、島内外の働きかけにより若者と離島双方に新しい人間関係を構築する。

現在:一般社団法人 飛島学園 社員、リトリートフリースクール育海 スタッフリーダー

 

(やまさき みつき)さん (吉備ウーリーズ 令和元年度全体代表)

1998年岡山市生まれ。ノートルダム清心女子大学人間生活学部児童学科所属。2017年に吉備ウーリーズに所属し、国立吉備青少年自然の家にて社会教育のボランティア活動に参加しており、子どもを対象とした自然体験や集団宿泊活動のサポートをしている。令和元年度吉備ウーリーズ全体代表を務めた。子どもが楽しく学び、成長できる場づくりを目指し、ボランティアの仲間とキャンプの企画・運営に積極的に取り組んでいる。

現在:ノートルダム清心女子大学人間生活学部児童学科

* * * * * * * *

第8回 岡山高校生ボランティア・アワード
◆出場者・出場団体のご紹介はコチラ
◆お申込みはコチラ(申込みフォームに必要事項をご入力ください。)
 

■主催・お問い合わせ先
 岡山県ボランティア・NPO活動支援センター「ゆうあいセンター」
[TEL] 086-231-0532 [FAX] 086-231-0541 [E-mail] youi@okayama-share.jp
        
■後援
 岡山県教育委員会、岡山市教育委員会、福武教育文化振興財団

 

関連記事

第8回 岡山高校生ボランティア・アワード【出場団体紹介】

高校生による、高校生のためのアワード開催!

第8回 岡山高校生ボランティア・アワード【観覧者大募集!】

高校生による、高校生のためのアワード開催!

エントリー団体&実行委員まだまだ募集中!!

高校生による、高校生のためのアワード開催!

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。