岡山高校生ボランティア・アワード

高校生による、高校生のためのアワード開催!

第9回 岡山高校生ボランティア・アワード【出場団体紹介】

2021年11月11日 20:09 by youi_center

「高校生の、高校生による、みんなのためのイベント」
11月13日(土)、第9回 岡山高校生ボランティア・アワードは間もなく開催です!

アワードの出場者を、発表順にご紹介します。

【出場者紹介① 】
●団体名● スパイダーず
●学校名● 岡山高等学校
●テーマ● 学童保育に SDGs を
 
令和2 年度から、岡山高等学校で有志グループ「スパイダーず」を結成し、学童保育に遊びを届ける「出張!みんなであそび隊」という活動を行ってきました。コロナ禍で学校が休校になった時期からはオンラインでも学童保育や子どもの居場所とつながり、子どもたちが学童で過ごす時間が少しでも楽しいものになるように、自分たちも楽しみながらかかわりを続けています。フードバンク岡山様や岡山県学童保育連絡協議会様等のご協力をいただき、就実高校・岡山後楽館高校・岡山一宮高校の高校生有志と協働で、令和 3 年 8 月 10 日に全国の学童保育 21 施設 1,118 名の児童をオンラインでつなぎ、「やめられない?とまらない?やめなきゃいけないフードロス!」と題したフードロス削減啓発イベントを行いました。作成動画放映やクイズ、ロス食材を使用した調理講座など、子どもたちが楽しみながら SDGs に触れる機会を作ることができました。
 
 
-----------------------------------------------------------------------------------
 
【出場者紹介②】
●団体名● 岡山 道路パトロール隊
●学校名● 岡山県立岡山工業高等学校
●テーマ● 産官学で取組む『岡工道路パトロール隊』
 
人口減少・高齢化などの社会問題を踏まえ、管理者だけがインフラサービスの維持を行っていく現在の仕組みを見直し、インフラ利用者である様々な立場の人たちも主体的にこれに向き合い、インフラメンテナンスの問題に参加していくことが必要であると考えました。岡山県立岡山工業高校では、平成29年度から国土交通省中国地方整備局岡山国道事務所岡山維持出張所が管理する国道 53 号・国道 180 号をフィールドとして提供して貰い、この区間の維持工事を担当する世紀東急工業株式会社の協力を得、3 年生の「課題研究」の授業(週 3 時間)の中で、「岡工道路パトロール隊」として徒歩パトロールを行う事で現実の社会インフラ維持のあり方を学び始めました 。
 
 
-----------------------------------------------------------------------------------
 
【出場者紹介③】
●団体名● コメ作り×エシカル消費プロジェクト
●学校名● 岡山高等学校
●テーマ● コメ作り×エシカル消費啓発活動
 
岡山県内で消費されているお米の7 割が県外産であり、流通経費削減や地域に根付いた経済の実現に向け地産地消という考えを県民に浸透させる必要がある。お米を作っているときに使う農薬には人体や自然への悪影響があるため、持続可能な社会を目指し、海洋資源を有効活用して健康的な里海米ブランドについて広く知ってもらうとともに、農家の方にも里海米生産者として認定されたときのメリットを知ってもらい、農業従事者の持続可能性を高める。コロナの影響で飲食店で増えたロス食材を缶詰にして困窮家庭や子ども食堂などの支援を行おうとする団体とも連携し、エシカル消費についての活動をつなげるとともに、開発した製品を直接見てもらい、自分たちの取り組みを多くの方に直接お伝えする場を作る。
 
 
-----------------------------------------------------------------------------------
 
【出場者紹介④】
●団体名● 三宅 茉莉(個人)
●学校名● 岡山県立矢掛高等学校
●テーマ● 渋沢栄一と私の地元
 
2024年新一万円札の肖像に選ばれた渋沢栄一。「日本資本主義」の父と呼ばれ、NHK 大河ドラマ「青天を衝け」で波乱万丈な人生が放送されている。その渋沢栄一の人生の転機に関わったのが私の地元、井原市である。その渋沢栄一のゆかりの地を巡り、取材し、パンフレットを作成した。そのパンフレットを地域の方々に配布し、活用してもらい、地域を盛り上げるきっかけになるような活動を続けている。
 
 
-----------------------------------------------------------------------------------
 
【出場者紹介⑤】
●団体名● Mict
●学校名● 岡山高等学校
●テーマ● SDGs でつながり、笑顔を作る
 
海外留学経験から「笑顔を世界に(様々な国のメイク事情を知ることで高校生の国際感覚を向上させよう)」とスタートさせた Mict (ミスト)の活動を今年 3 月に引継ぎ、「メイク×国際化」をテーマに活動しています。8月に開催された岡山コンベンションセンターの SDGs イベント「夏の交流会 集まれ!地球ぼうえい隊」ではワークショップを担当し、参加した小学生に様々な国の特徴的なメイクを施して、それぞれの国を身近に感じてもらう取り組みを行いました。コロナ以前にくらべて減少した、岡山の子どもたちが世界に触れる機会を設けることで、 SDGs 目標の 4 番「質の高い教育をみんなに」の実現や、 17 番「パートナーシップで目標を達成しよう」につながる気持ちを伝えることができたのではないかと思います。
 
 
-----------------------------------------------------------------------------------
 
【出場者紹介⑥】
●団体名● アオハル実 行委員会
●学校名● N 高等学校
●テーマ● アオハル文化発表会
 
2020年に学校の枠を超えた文化祭であるアオハル文化祭を企画しました。企画内容は学生による飲食やワークショップなどの出店、吹奏楽部やダンス部によるステージパフォーマンスです。ですがこの企画は新型コロナウイルスの影響で 2 回延期となりました。その後アオハル文化祭の規模縮小イベントアオハル文化発表会を2021 年 10 月 9 日に開催することができました。
 
 
-----------------------------------------------------------------------------------

みなさまのご参加をお待ちしております。
◆観覧申込み → https://forms.gle/ACQnpt9uLPUeMdWs9

 

 

関連記事

第9回(2021年度)岡山高校生ボランティア・アワードの様子と受賞チームの紹介

高校生による、高校生のためのアワード開催!

第9回 岡山高校生ボランティア・アワード【審査員紹介】

高校生による、高校生のためのアワード開催!

第9回 岡山高校生ボランティア・アワード【観覧者大募集!】

高校生による、高校生のためのアワード開催!

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。