岡山高校生ボランティア・アワード

高校生による、高校生のためのアワード開催!

第9回 岡山高校生ボランティア・アワード【審査員紹介】

2021年11月11日 20:05 by youi_center

最終審査会で、岡山の高校生の「本気」、見てみませんか?

岡山高校生ボランティア・アワードとは、
高校生の、高校生による、みんなのためのイベント。
だから、企画も運営も発表も、高校生が主役です。

11月13日(土)の最終審査会では、
ボランティア活動に励む高校生らが、行った活動についてオンラインにてプレゼンテーションを行います。
審査員およびご観覧者の皆様による投票で、ボランティア活動に取り組む高校生を表彰します。

――――――――――――――――――――――――
日  時:2021年11月13日(土) 14:00~17:00
実施方法:オンライン(Zoom)
対  象:・高校生のボランティア活動を応援したい方
     ・高校生が行っているボランティア活動に共感し合える方
     ・高校生のボランティア活動に関わっている方 等
――――――――――――――――――――――――

第9回 岡山高校生ボランティア・アワードの審査員をご紹介します(順不同)

 

岡田 美奈子(おかだ みなこ)さん (RSK 山陽放送 / アナウンサー)
 
1995年岡山県倉敷市出身。 2017 年4月 RSK 山陽放送入社。 2018 年度から、岡山・香川エリアのニュース番組「 RSK イブニングニュース」(平日午後6時15分から)を担当している。岡山・香川でのできごとを様々な角度から取り上げ、キャスターとして番組に出演するほか、日々、各地での取材、ニュースの編集作業にも取り組む。
大学時代には、第32代倉敷小町を務めた。
現在:RSK 山陽放送 / アナウンサー
 
-----------------------------------------------------------------------------------
 
日置 幸(ひおき みゆき) さん (飛島 ガーディアングループ 代表)
 
高校不登校、引きこもりを経て通信制大学で教員免許を取得。通信制高校卒業生らと2018 年飛島ガーディアンプロジェクトを結成。持続可能な地域振興と若者の地域参画を目指す。 2020 年には、飛島の集落支援員を経験。高齢化率 80 %後半の地域における若者の存在意義、可能性を再確認。島内外の働きかけにより、教育による離島振興モ
デルの構築に尽力している。
現在:一般社団法人飛島 学園 社員、リトリートフリースクール育海 スタッフリーダー
 

-----------------------------------------------------------------------------------

池上 慶行(いけがみ よしゆき) さん (land down under 代表)
 
1993年生まれ。東京都出身。新卒でアパレル企業を経て、 2019 年に倉敷市児島に移住。カフェやゲストハウス の 立ち上げや、学生向け産地研修プログラム、アウトドア体験の企画・運営などに携わる。 2020 年末に 「 land down under 」を設立。国内の繊維工場と連携し、サーキュラーエコノミーを生み出すアパレルブランドの実現に挑戦する。
現在:2019 岡山県立倉敷鷲羽高校・地域コーディネーター 、 2020 アウトドア体験提供「 にまつわるエトセトラ」共同代表
 

-----------------------------------------------------------------------------------

 

みなさまのご参加をお待ちしております。

◆観覧申込み → https://forms.gle/ACQnpt9uLPUeMdWs9

 

■主催・お問い合わせ先
 岡山県ボランティア・NPO活動支援センター「ゆうあいセンター」
[TEL] 086-231-0532 [FAX] 086-231-0541 [E-mail] youi@okayama-share.jp
        
■後援
 岡山県教育委員会、岡山市教育委員会、福武教育文化振興財団

関連記事

第9回(2021年度)岡山高校生ボランティア・アワードの様子と受賞チームの紹介

高校生による、高校生のためのアワード開催!

第9回 岡山高校生ボランティア・アワード【出場団体紹介】

高校生による、高校生のためのアワード開催!

第9回 岡山高校生ボランティア・アワード【観覧者大募集!】

高校生による、高校生のためのアワード開催!

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。